読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity入門 Unityの画面構成

 UntiyEditorは、各ウィンドウによって画面が構成されています。

画面の位置や大きさ、構成は個々で変更を加えることができ、

ここでは基本的なウィンドウについて、説明します。

 

f:id:MATCHA05:20170211092349p:plain

シーンウィンドウ

2Dまたは3Dの表示を切り替えることができ、

作成しているゲームの空間にオブジェクトを配置したり、そのオブジェクトの位置を編集したりすることができる。

 

ゲームウィンドウ

f:id:MATCHA05:20170211094346p:plain

再生ボタンを押したときに、配置したカメラから映し出された映像が表示されます。

ヒエラルキーウィンドウ

シーンに配置している、オブジェクトを表示しています。

上の画像では、

下記のオブジェクトをシーンで使用しています。

メインのカメラ

ライト

空のオブジェクト

キューブ×2個

プロジェクトウィンドウ

プロジェクトで使用で切るアッセットの一覧を表示しています。

ドラック&ドロップや任意のプロジェクトフォルダ>Assetsフォルダにオブジェクトを

入れると追加することができる。

インスペクタウィンドウ

ヒエラルキーウィンドウやプロジェクトウィンドウで、選択されているオブジェクトのプロパティーの閲覧と編集ができます。